PCB-MON01 増井貴光 フォトポストカードブック "movin'on scene1 A way of ROUTE66”

価格: ¥1,389 (税込 ¥1,500)
数量:

返品についての詳細はこちら

増井貴光 フォトポストカードブック

フォトグラファー「Taka.Masui」が、USAルート66を旅しながら撮影した数々の写真の中から、厳選したポストカードブック!簡単に1ページずつバラバラにすることができるので、16枚のポストカードとして利用可能です。

PCB-MON01 増井貴光 フォトポストカードブック "movin'on scene1 A way of ROUTE66”

価格: ¥1,389 (税込 ¥1,500)
数量:

返品についての詳細はこちら

ROUTE66という名前を聞いたコトがないと言う人はまずいないだろう。60年代の同タイトルのテレビドラマやナットキング・コールの大ヒット曲、近年では映画「カーズ」の舞台にもなった。かつては、アメリカのメインストリート、マザーロードなどと呼ばれた道だ。インターステートの台頭によって80年代に廃線となった。 しかし世界中の人達から愛された道は、保存しようと努力した人々や、この道を旅する人の想いを受けていつしかヒステリックルートとして復活した。

2003年の初秋、僕とイラストレーターのガオ・ニシカワは2台のハーレーでシカゴから西に向けて走り出した。全長2,400マイル、8州を通過して、終点であるカリフォルニアのサンタモニカまで2種間。ほとんどフリーウエイを使わずに忠実にヒストリックルートをトレースした。それから10年の月日が経ってしまったが、旅の光景を昨日の事のように思い出せる。

その後も何度となく短い区間を走る機会はあった。部分的に見ていても、この道は10年でまた違う顔を見せるようになった気がする。 そろそろ、もう一度全線を走り抜けてみたい。自分だけの新しい景色に出会うために。

増井貴光 フォトポストカードブック

Taka.Masui
タカ・マスイ 増井貴光

モーターサイクルのフィールドを中心に広告、雑誌等の撮影、コラム執筆などで活躍中。誌面に自らも登場することも多いフォトグラファー。 日本国内、海外での取材・撮影は自らバイクを操り、走行しながらシャッターを切ることも。躍動感あふれるシーンを的確にとらえる撮影スタイルは特に評価が高く、ファンも多い。

海外ではアメリカに精通し、ROUTE66、ドラッグレース、バハ1000ボンネビル・ランドスピードレース等の取材と撮影実績を持つ。ボンネビルは2010年より毎年渡米、世界記録保持者のHiro Koisoのレースチームに同行し取材を続けている。 また撮影だけでなくイベント等の企画・運営にも携わるなどその活動は幅広い。

ページトップへ